AR・地図アプリのプラットフォーム 「picnic」

AR・地図アプリのプラットフォーム「picnic」は、AR(拡超現実)技術を用いて、店舗や施設の情報を地図上に表現するスマートフォンアプリを提供することができるサービスです。

 

 picnic_1

このプラットフォームを用いると、自治体の情報発信、イベントで一時的なご利用、学校や企業の周辺紹介といったオリジナルのアプリの作成・配信ができ、コンテンツを登録・更新するシステムと共に、プラットフォームとしてご提供することができます。

 

 

picnic_3

 

1、サービスの特徴

1)独自アプリの公開・コンテンツ登録作業も手軽に行える
2)提供SDKを使い、アプリを開発する教育カリキュラムへ適用可能
3)多種のサンプルをご提供

 

2、このような方に

  • 自治体様
  • 教育機関様
  • 企業様(広告・プロモーション、鉄道・交通系、旅行業、不動産業、等)

 

3、ご利用シーン

1)観光・イベントなど一時的な情報発信
お祭りや国際イベントなどを主催する際の独自アプリが、短期間でご利用可能になります。
オリジナルキャラクターを使ったAR表示、スタンプラリーなど、来場者に楽しんでもらえる仕組みを取り込めます。
2)地域連動型の情報の定期的な発信
自治体やその地域の飲食店・ホテルなどが、地域・グルメ情報を定常的に発信します。
緊急時に備えた避難場所などの防災情報も、掲載可能です。
3)SDK(ソフトウェア開発キット)として教育ツールライセンスのご提供
学生は授業内での学習で、学園祭アプリや学校紹介アプリを簡単に開発・公開することが可能となります。
あらかじめ用意したテンプレートやe-learningベースのチュートリアルも完備しています。

 

4、当プラットフォームで作成されたアプリ・実績(一例)

1)東京薬局MAP
App Store: https://itunes.apple.com/jp/app/dong-jing-yao-jumap/id1131575172
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.tri_tome.picnickusuri
2)学園祭アプリ
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=me.picnicapp.kamatafes2015

picnic_2

  

sub_service2_07

sub_service2_06hover